Thursday, December 24, 2015

自分を取り戻すために


アメリカに移民してからもうすぐ24年が経つ。

アメリカ国籍に帰化してからは5年。

結局、何を得て何を失ったのか?

特にこの5年はそんな事をよく自問自答していた。

武器も技も何もない『違う自分』が一人歩きをしていた。

自分が一番辛かった...

そして苦しんで苦しんで約5ヶ月前に8年働いていた撮影会社を辞めた。

自分を取り戻すために。

辞めなければならなかった。

でも勇気を出して一歩を踏み出したら全てが変わった。

自分を縛り付けていた下らない人間関係、仕事、お金、地位、物、名誉、見栄。

そんなあらゆるしがらみから解き放された。

もう一度自分の信じる道を行こうと思った。

そして5ヶ月前からずっとやってみたかった『照明の仕事』が始った。

きっと人生は望もうとも望まなくても様々な岐路が現れる。

大事なのは今の自分を生きたいのか?

もしくはこれからの自分を生きたいのか? 

そんなとこなんじゃないかなって思った。

約5年間の苦しみもがいてた自分に今なら胸を張って言える。

これが俺の生き様だ。


– 10月中旬、East BrooklynのMTAのトンネルの中での現場にて –







No comments: