Thursday, January 23, 2014

だからエイミーの笑顔は


『今年は私の年になるって感じるの』

笑顔を照れ隠しながらその本音を語り始めたエイミー。

今やってる仕事への情熱を大笑いで話していく。

『それと夏前に中国へ行こうと思ってるの』

『だって自分のルーツってあそこから来てるから』

アメリカで生まれ育った彼女の親は中国から移民して来た。

この移民の国アメリカではごく普通にある話だ。

『今年はその後にも親友達と旅行をする予定になってるの』

俺はひたすらその熱い情熱を質問をしながら聞き続ける。

うまく言い表せないけど何か清々しいほど聞いてて気持ちいい。

『去年はマイアミ。その前はサンディエゴ。今年は何処になるやら』

少しの緊張と待ちきれない期待を語る彼女。

『必要最低限の物以外は物なんて要らないわ』


『JunGはどうなの最近は?』

俺も熱く語る。

若干22歳のエイミー。

でもやっぱり自立してる。

何が自立って? 

他人に依存をしてる生活を送っていない。

しっかり自分の仕事をして36%の税金を社会人として払って生きてる。

要はてめぇーの足で立ってるんだよね。

だから好きな事が言える。

だからエイミーの笑顔は….

愛おしいと思える程に素敵だね。





No comments: