Sunday, June 23, 2013

サンルイスの家族との再会


この金曜の夜は俺にとって掛け替えない人達との再会があった。

俺が17歳で初めてアメリカに来た時のカリフォルニアのホームステイで出逢った家族だ。

ヨーロッパ旅行の帰りの際にこの街で一泊泊る事となったこの2人。

ジャネットとポール。


俺のアメリカ21年の今までの人生で常に心の支えになって応援してくれた家族だ。

あの時俺は17歳でこの2人が住むカリフォルニア州のサンルイスオビスポという街にホームステイをした。

この2人との出会いは俺の全てのアメリカの原点でもありこの国に住む事になったきっかけでもある。

カリフォルニアの夫婦を絵に書いたようなアメリカ人だ。

ママのジャネットもパパのポールもゲラで良く笑う人達。

でもカリフォルニア出身だから客観的に世界を観てて頭がいいし感覚がシャープだ。

でも何より心から本当に優しい人達。

俺はここ8年毎年この2人の家に帰り休みをあの家と街でリラックスしている。

今回の再会は翌日の朝のフライトを待つために寄っただけだからディナーの時間しかなかった。

俺は急いで極上のステーキ屋を予約した。

あれから23年の月日が流れてる。

でも俺達はしっかり繋がってる。

そして今俺はこのニューヨークにアメリカ国民として住んで居てこの2人とこの街で再会してる。

本当に人生って不思議だよね。

この夜は2人の旅の土産話で盛り上がったのとお互いの近況報告。

3人とも大笑いだった。

久々に早くサンルイスにリラックスしに行きたいと思った夜。

やっぱりこれってラブだよね。

生きてれば人生いいことばっかりだ。

ってそんな当たり前の事をずっと考えた夜だった。





No comments: