Sunday, August 5, 2012

英雄の哲学『山本政志監督』


先週俺を最初にこの世界に導いてくれた山本政志監督がこのニューヨークに来ていた。


監督との出会いはもう10年以上も前になる。

惨めで貧乏で情けないあの当時の俺に映画の仕事をやれるチャンスをくれた人。

監督は30年以上自分のこだわりの映画を撮り続けて来た。

今も変わらず。

去年監督の作品である『スリーポイント』という映画がこっちの映画祭に呼ばれて10年振りの再会をはたした。

主演は俺がとっても尊敬して大好きな演技派女優である蒼井そらさん。

師匠は10年前も去年も今回も全く変わらない。

放任主義で来る者拒まず去るもの追わず。全てにおいてオープン。

でも決して自分の価値観や枠に相手を囲んだりしない。

それでいて猛烈にプュアでシャイであったかい人。

結構毒舌でね(笑)。

今回も最高にいい時間を過ごせた。

師匠やっぱり渋いねー。 

マジだよ。マジで渋いよ。








No comments: