Monday, July 16, 2012

もう一つの実家

毎回カリフォルニアの自分にとっての故郷であるサンルイスオビスポと言う街に戻るとこの家に泊る。


今回の帰郷ももちろんここで。


カリフォルニア州の海沿いの住宅街を絵に描いたようなエリアにこの家はある。

17歳で初めてアメリカに来て知り合ったホストファミリーの家がここ。

ロスの空港から4時間走ってこの家の前に車を止めた時にホッと一息つく。

本当に自分の心が落ち着く家に帰って来たっていう気持で一杯になる。



何一つ変わってないいつもの2階の自分の寝室を見てまた心が安らぐ。

そして恒例のごとく急いでダウンタウンのイタリアンへこの2人と食事に行く。


アメリカで一番お世話になって来たアメリカ人。ジャネットとポール。

初めて出会った時はまだ17歳だった。あれからずっと可愛がってきてくれた。

俺のアメリカ生活の21年全てを見てきた人。

あの時この2人に出会ってなかったら俺にとってのアメリカって多分なかったかもしれない。

いつも初日の夜はお互いの沢山の最近の話で盛り上がる。大笑いだったり少しの涙もあったりと。

ニューヨークで生活しててここを思い出してたまらなく帰りたくなる時がある。

サンルイスオビスポという街とこの家はきっと俺にとってのアメリカの実家なんだよね。






No comments: